nouveauté 2

私はいつも狩りをしていました。60年代初頭にベビーカーに乗った少女が、クリニャンクールの蚤の市に行った時、それは週末の家族のお出かけでした。

四季折々に...。

 

スタイリングを始めて数年で、ハントしたい、自分の職業にしたいという気持ちが明確になってきました。Au Petit bonheur la chanceは、私のお気に入りに特化した場所です...ファッションやトレンド以外のすべてがそこにあります。

 

詩的なものであれ、時代遅れのものであれ、あるいは美しく「実用的」なものであれ、あるものをめぐるこのリレーの一節は、私に多くの喜びをもたらし、ときには共有の中に美しい感動をもたらしてくれます。

学校とそれを取り巻くすべてのお土産、祖母たちのトルソーやキッチン、子供の頃のゲームやおもちゃ、服屋、文房具屋、カラフルな商人、そして忘れ去られた宝物などが、コレクターや初心者、スタイリストや可愛いもの好きな人たちが立ち寄るこの小さな店にあります。